プラセンタっていったい何?

プラセンタでは「胎盤」を意味する英語のスペルは「Placenta」と書きます。

その語源は、古代ローマ人が、パンのわりに食べていた丸い形の菓子をプラセンタといい、胎盤とその丸い菓子が似ていた事に由来すると言われています。

胎盤と胎児のイメージ胎盤は、女性が妊娠すると、胎児と母親とを結ぶために子宮内に形成される臓器です。
人間の女性に限らず、すべての哺乳類の雌は母親のお腹の中で胎児を育てるために妊娠し、子宮内へ胎盤を形成します。

妊娠と同時に作られた胎盤は、妊娠中の胎児の保護以外にも、へその緒と通じて母親と胎児の代謝物質の交換や栄養を供給する役割もしています。

胎児は、自分で食事をすることができないので、胎盤を介して母体からアミノ酸などの栄養が供給されます。
胎盤は胎児の「消化機能」の役割も担っており、肺と消化器のほか、肝臓や腎臓の老廃物の排泄、ホルモンの生成などを助けています。

胎盤には、このような働きがある事から、子宮内の胎児にとって胎盤は、母親と一緒に共有する貴重な臓器なのです。

医療や化粧品に使用されている「プラセンタ」は、「胎盤」そのものを使っているのではなく、胎児の生命の維持に必要不可欠な栄養素や成長因子(グロースファクター)などの有効成分を、胎盤から抽出したエキスのことを指します。

胎盤は赤ちゃんが生まれると、その役目を終わります。
人間以外の哺乳類は、産後に母親が食べて、子供を育てる母乳の栄養にするという以外にも、他の天敵から身を守る為に、血の臭いを消す行為だとも言われています。

プラセンタは、プラセンタ抽出物、プラセンタ抽出液と呼ばれることが多く、一般的には、プラセンタエキスと呼ばれる事が多いようです。

プラセンタとは