多様なプラセンタの利用方法

現在の主要なプラセンタの利用方法は、プラセンタエキスの注射、プラセンタエキスの服用、医療以外の分野では化粧品に配合などの方法があります。

注射

プラセンタ注射のイメージ病気の治療や症状の改善を目的として、医師の指導の下で、医師によって行われます。
ですから、プラセンタ注射は医療機関でしか受けることができません。
エステサロン等で注射できるものではありません。

現在、厚生労働省に承認されたプラセンタエキスの注射薬は、「メルスモン」と「ラエンネック」の2種類あります。
メルスモンは、更年期障害の治療やや乳汁の分泌不全の改善に使われます。
ラエンネックは、肝機能障害の治療に使われています。
プラセンタ注射は経口摂取に比べて即効性はありますが、健康保険適用外の場合が多く、コストが高額になる場合があります。

また、通院をして注射をうたなければならず、時間と経済的な面を考慮して判断する必要があります。
他にも、輸血の安全性を優先してとられた措置で、プラセンタ注射をすると献血ができなくなります。

内服薬

カプセルや錠剤など、経口用のプラセンタです。
医療を目的としているので、医師からの処方箋によって出されます。
また、効果のほうは、注射に比べて緩やかにでてきます。
多くのプラセンタ注射と併用して使用すると効果がさらにアップします。

サプリメント

美肌や若返りのために飲む人が多く、使用されているプラセンタの種類と含有量などに応じて価格は異なります。

ドリンク剤

即効性に優れる反面、品質的にも優れているものは、高価なものが多いです。
小さな小瓶に入っているものが多く、携帯するには錠剤やカプセルに比べて不便です。

錠剤、カプセル

手軽にのめる簡単さと、手頃な価格での製品も多く、携帯性にも優れることから人気があります。
長期的に継続して飲むには経済的でお勧めです。

化粧品

美容目的で使用するのがほとんどです。
主成分として使用した程度のものから、原液のプラセンタをそのまま使用するものまでさまざまで、効きなどの有効性の高さなどは、メーカーによって差異があるため、トライアルセット等でいくつか試してみて、自分に合ったものを使うのがよいでしょう。

プラセンタとは