目の下のたるみをとる方法

加齢と共に出現してくるのが顔のたるみです。

目の下のイメージでも、皆たるんでいるわけではありませんよね!たるまない人もいます。顔の中で最もたるみやすいのは「目元」です。
目の下がたるんでくると、老けて見られたり。目力がない感じがして、覇気が感じられないように見えます。

そして、実際の年齢よりも老けて見えたり、疲れているように見えます。まだ20代だというのに、初めて会った人は30代に見られてしまったという話も耳にします。
疲れによるたるみ、たるんだ箇所が盛り上がり、目がくぼんだように見えたりと、たるみにもいろいろありますよね。

目の下のたるみはいつから始まるのでしょう?一般的には20代の頃から始まります。意外ですか?
20代のときには何もせずにも肌がすべすべ、寝不足でもクマもできにくいし、化粧ののりもいいという感じでした。

しかし、これが危険なのです!まだ若いと過信せずに、今出来る事を日頃からやっておきましょう。
そうすれば、見た目も若々しい30代~40代を迎えられるでしょう。

目の下のたるみは、余分な脂肪で皮膚が膨らんで見えることを指すそうです。年を重ねていけば仕方ないでしょうが、年齢だけが目の下のたるみの本当の原因でしょうか?
予防や改善をすることができるのでしょうか?

まず目の下がたむる原因を見てみましょう。原因は、主に老化によるものです。
加齢によって筋肉が弱ります。そして目の周りの筋肉もしかり、例外ではありません。そうなると、眼球を支えきれなくなり、眼球が眼の下の脂肪を押し出す形でたるむのです。

また、目を保護する機能によって、眼の下に脂肪をつけるのも原因の一つです。
誰もに、脂肪がつくわけではありませんが、つきやすい人やつきにくい人がいるので、一人一人の体質も大いに関係していることだと思います。

目のたるみを改善させるには、マッサージや体操などのケアがありますが、いったいどれがいいのでしょうね?

目の下のたるみを取るために、一般的なケアでは、マッサージが上げられます。目の下のマッサージをすると、血液の循環がよくなるので、毎日続ければ、たるみが改善されると思います。化粧品でケアするのも良いと思うのですが、いずれにしても、毎日のケアを続けることです。

また、毎日マッサージをしなければと、ついついサボってしまいますが、鏡をを見た瞬間に目元を確認したり、テレビを見ながらとか、苦にならないようなマッサージすることが重要だと思います。

しかし、目のマッサージをしてみると意外にも目の下は凝っていることが分かります。睡眠が不十分な人、パソコンなどをよく使い、目を酷使している人が多いようです。

それと、日頃からバランスのよい食事を摂るのも、目の下のたるみに効果的です。

さらに、肌の深いところにある真皮にヒアルロン酸やコラーゲンを補ってあげれば効果が上がります。
ただし、ヒアルロン酸やコラーゲンは分子が大きいため、外部からでは真皮層まで届きません。

真皮層でヒアルロン酸やコラーゲンをつくるにはプラセンタが持っている成長因子の力が必要です。その為には品質のよいプラセンタサプリメント選びが重要なのです。

>>目の下のたるみに効果的なサプリメントはこちら<<

顔のパーツごとのたるみ