顔のたるみに効果的なサプリメントはプラセンタ!

はじめに、前のページでヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントを摂るだけでは効果は完璧ではないと言った理由を解説しましょう。

たるみやほうれい線対策で、たるみに効くサプリメントとして「プラセンタ」があります。
サプリメントとしてコラーゲンや最近注目されている美容成分です。

プラセンタには、アミノ酸が豊富に含まれていて、アミノ酸がたるみやほうれい線にも効果を発揮します。
プラセンタの中のアミノ酸は一般的な食事からの摂取より、体内への吸収がよい構造をしており体内への吸収率がよいのです。

プラセンタがたるみに効く訳!

たるみや深いしわに悩む人々がプラセンタを配合したサプリメントに注目する最大の理由は成長因子にあるのです。
成長因子によってアミノ酸は体内に効率よく取り込まれ、たるみやしわに効果的に作用します。
この成長因子(細胞増殖因子)はプラセンタにしか含まれていません。

成長因子は様々な種類がありますが、肌のたるみやしわに関するものは、繊維芽細胞成長因子(FGF)、上皮細胞増殖因子(EGF)といいます。

FGF、EGFは、新陳代謝を活発にし、しわやたるみに効果があるコラーゲンやヒアルロン酸の形成を促進することができます。
プラセンタは表面ではなく、体の中から作用し、肌の透明度をアップし、美容と健康に良い影響を与えるのです。

つまり、プラセンタを摂取すると、自分の肌の中でコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す働きがアップするのです。

コラーゲンのサプリメントを摂るだけでは効果は完璧ではないと言ったのはこの為なのです。

公式サイト"噂"の高級馬プラセンタサプリ エイジスト[AGEST]

それでは、最近巷でたるみ対策に効果的といわれるサプリメントをいくつかピックアップして比較してみる事にします。

図1

プラセンタのサプリメントで後悔したくないならエイジスト[AGEST]で決まり!!
ポイント
"噂"の高級馬プラセンタサプリ エイジスト[AGEST]
エイジスト

各サプリメントの比較

それでは各社のデータを元に解説していきます。

先にも述べた通り、プラセンタの最大の強みは成長因子にあるといいましたね。
上の表を見て、お分かりのように、すっぽん小町にもそれなりの効果はあるでしょうが、プラセンタが含まれていませんので、成長因子による作用は期待できないので新陳代謝系が弱いと言えます。

すっぽん小町の価格の安さは魅力的ですが、成長因子の効果によるハリやたるみに対する効果は薄いと言わざるを得ません。

次にプラセンタ100とエイジスト[AGEST]を比べる前にプラセンタについて解説します。

プラセンタの配合量や含有量についての誤解

「高濃縮で一粒に○,○○○mg」という表記だけではプラセンタの実際の量はわかりません。
プラセンタの配合量や含有量の表記の仕方は各社それぞれで、医薬品のように統一されていないのが現状で、単純に数字のみで判断することができません。

プラセンタの含有量や由来原料(馬、豚)、原料種類(原末、原液)などの製造の条件によって、プラセンタに含まれるアミノ酸の量に違いがでてきます。

プラセンタを原液のエキスに換算した表記の場合、9,000mgの表記でも実際は原末200mgを濃縮前の液体の量で表記している場合もあるので、プラセンタの良し悪しは配合量では判断できないのです。

以上のことから、配合量が多い → プラセンタの量も多いというのは間違いなのです。
さらに、配合量が多い → 効果が高いという図式は成り立たないのです。

プラセンタを選ぶ際のポイントは「量」より「質」で選ぶのが失敗しない為のコツです。

原料の馬、豚による違い

一般的によく使われている馬、豚の原料についてみてみましょう。

豚プラセンタ
一般的に最も多く使用されている豚は病気を予防する目的で様々な薬剤の投与を受けている可能性があり、何らかの影響がないとは言えません。
しかし、「SPF豚」という特別に管理された豚の場合は、厳しい管理下で衛生的に育てられているので安全性が高いといえます。
値段も比較的に手頃なものが多いですが、アミノ酸の含有量に関しては、馬プラセンタに比べて少ないのがネックです。

馬プラセンタ
馬の胎盤を使ったプラセンタは最近注目を集めており、安全性、品質の面で馬プラセンタが良いとされ、豚プラセンタよりアミノ酸含有量が非常に高いのが特徴です。

さらに、豚プラセンタには無い6種類のアミノ酸も含まれています(ヒスチジン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、チロシン、システイン)。

また、馬の中でも最も優秀なのがサラブレッドから抽出されたプラセンタです。
馬は他の動物よりも病気の感染に対して非常にデリケートな面があるので、病気感染防止網によって、徹底した衛生管理システムが構築されているので、安心・安全性・品質の面で高い評価を得ています。

まとめ

プラセンタの配合量よりも、実際のプラセンタ含有量が重要なのです。

これまでの解説と図1を比較して、「エイジスト[AGEST]」と「プラセンタ100」に当てはめてみると、質の面、価格の面で、「エイジスト[AGEST]」が優位であることが分かると思います。

コラーゲンのイメージ図

さらに、「エイジスト[AGEST]」に含まれている美肌成分であるコラーゲンとヒアルロン酸は低分子化されたものが配合されており、吸収性が圧倒的に高いのです。

また、「エイジスト[AGEST]」にはデルマタン硫酸と呼ばれるヒアルロン酸と同じ「ムコ多糖類」の仲間も配合しています。
デルマタン硫酸は、ヒアルロン酸より分子量が小さく、吸収率も高いことが特徴です。また、マイナスイオンを多く含み、保水力も高いので、ヒアルロン酸の作用をサポートします。

プラセンタに含まれるアミノ酸の種類が多いばかりでなく、美肌成分についても充実しているのが分かって頂けたかと思います。
プラセンタばかりでなく、配合されている美肌成分にもこだわり、成分のトータルバランスの良さもピカイチ!なので買うならやはり「エイジスト[AGEST]」です。

実は私、飲み始めて1年が経ちます。
3~4ヶ月目位から、何か分からないんですがお肌の感じがいいんです。
今までとはまったく違った感じなのです。

たるみ・ほうれい線が気になるなら試してみる価値は十分あると思います。
たるみのない、ハリのあるお肌のアナタに半年後に会ってみませんか?

"噂"の高級馬プラセンタサプリ エイジスト[AGEST]
エイジスト

顔のたるみを改善する方法