ストレッチで顔のたるみを解消

顔のたるみを防止するには、顔の筋肉を鍛えることが重要です。表情筋を鍛えることで肌の新陳代謝を高め、ハリとツヤを取り戻し、たるみを解消してくれます。
肌のストレッチは、場所を問わず、いつでも、どこでもテレビを見ながらでも、続けることができます。

ストレッチのイメージ小鼻の両脇の横から口元にかけてある八の字のしわがあります。このしわは法令線(ほうれい線)と呼ばれるもので、年を取ると、頬がたるんで脂肪が下がってきます。
このため、ほうれい線が目だってくるのです。一般的に言われるブルドック顔ですね。

ほうれい線というのは元々生まれた瞬間からあるのですが、年齢を重ねると、徐々にたるみのせいで目立ってくるのです。
ほうれい線が目立ってくると老けた顔に見えて悩んでいる方も多いと思います。

たるみを防ぐ方法として顔のストレッチがあります。日常生活で表情筋は3割程度しか使用していないようです。
顔の筋肉を使わない場合は、「筋肉が衰える → たるむ」という図式を描いてしまいます。表情筋をストレッチで鍛えてたるみやしわを予防することができます。
また、鍛えると表現が豊かになり、子顔になるという効果も期待できます。

簡単な顔のたるみを改善するストレッチ方法

頬筋(きょうきん)
頬筋とは頬の下の方、唇の端から耳にかけての筋肉です。ここが衰えると頬の肉がつきやすくなりたるみやすくなります。

口輪筋
口呼吸が多い人は口輪筋がたるんできているかもしれません。ストレッチでしまりある口元にしましょう。

口を動かす
顔の筋肉は口輪筋と呼ばれます。ここを動かし口元がひきしまって顔全体に影響を与えます。

年齢を重ねると、どうしても体の悩みがでてきます、「しみ」「しわ」「たるみ」です。「たるみ」は毎日のケア次第では、改善や予防することができます。

次へたるみに効果的な食べ物

顔のたるみを改善する方法