歯列矯正と顔のたるみの関係

女性のイメージ歯列矯正している人って結構いますよね!
でも最初のうちは痛いって聞きます。

歯科矯正時の歯は、並びを徐々に変えていきますので噛み合わせが上手くいかないなど、食事が摂りにくくなったりします。

歯磨きも丁寧にやっていいていなかいと虫歯になりやすくなります。矯正は最低2年程度はかかります。

その歯列矯正は、器具を2年程度かけて歯並びを治していきますので、噛みずらさや、噛む力が弱くなる場合があります。
そうなると、顔の頬骨の両脇のラインが下がってきたりします。

また、口元に力が入りにくいので、喉の皮膚がたるんできます。そうなると下顎が出てくることがあるそうです。歯が気なって動かす事が減りますので、そんな時こそたるまないように、顔のたるみのケアの必要があるのです。

ですから、歯列矯正の期間中では特に口周囲の筋肉を鍛えることが重要になってきます。
ストレッチやマッサージなどでトレーニングできますが、することをお勧めしますが、「パタカラ」という口の周りの筋肉を鍛える器具を購入して試してみてください。ネットで5~6000円程度で入手できると思います。

歯に加えて顔全体の美しさを保つためには、ガンバってたるみのない顔にしていきましょう。

豆知識・その他