20代の顔のたるみ

20代といってもたるみは油断できません。
20代で選ぶ基礎化粧品について話します。

20代女性のイメージ人間の肌は生まれた時の赤ん坊で水分保持率が80%ありますが、成人になる頃には60%にまで下がってしまいます。

さらに恐ろしいことに、50代になるとその半分にまで減ってしまうんです。
20代だと、まだ肌のハリや弾力性があり、新陳代謝も活発なので、「近場のドラッグストアで特売セールしている化粧品でもいいんじゃないの?」って思っている方も多いようです。

しかし、そう甘くはないのです。若いうちから20代に適した化粧品を使用してケアすることで、きれいな、若い肌を長く維持することができるのです。素敵な事ですよね!

でも、20代の肌は、ニキビに悩まされている事が多いと思います。
したがって、洗浄力のある洗顔料でクレンジングで浮いたメイクや皮脂を洗い流したら、化粧水は保湿効果の高いものを選ぶのがいいと思います。

特に、ニキビが重症の場合には、ニキビ肌用の保湿効果の高い基礎化粧品があるので、そういったものをお勧めします。

決して価格やブランド名で化粧品を選ぶのは止めましょう。
高価な化粧品でも自分の肌に合わなければ意味がありません。
それで、肌トラブルになったら肌のケアをする意味がありません。

20歳の基礎化粧品の選択基準は、30代の肌へのアンチエイジングのために選ぶことです。
どの年代でもそうですが、洗顔料は合成界面活性剤や保存料の入っていないものを選びましょう。

洗顔の際、あまりに強く洗ってしまうと、必要な皮脂や水分まで落としてしまうので注意しましょう。

また、20代は、特に外出する機会が多く、紫外線に当たる機会も多いですから、UVカットの成分が入ったものを選びます。紫外線はしみやたるみの原因となるので、20代の内からガードしておかないと30代になってから後悔します。

紫外線によって肌の老化はかなりが進行します。
新陳代謝が活発な20代といえども油断大敵です。

20代の頃は、「まだ若いから大丈夫」と油断しがちですが、若いころからアンチエイジングに有効なプラセンタを摂っておけば、30代になっても慌てることもなく、肌のお手入れを楽にすることができます。

>>20代からたるみを予防するサプリメントはこちら<<

年代による顔のたるみ