プラセンタがもっている薬理作用

プラセンタは、更年期障害と肝臓の治療薬として使われ始めましたが、その後の研究によって、20種類の薬理作用が確認されています。

薬理作用のイメージまた、プラセンタには、医療保険が適応されている更年期障害や肝臓以外の疾患も改善させる効果がある事が確認されています。

プラセンタには他にも、医薬品では効果のない体の不調や不定愁訴に対しての効果が期待されているのです。

基礎代謝改善作用
基礎代謝の向上による新陳代謝の活発化は細胞や組織、臓器の機能を活性化する。

抗アレルギー作用
アレルギーを抑える以外にも、免疫が過剰に反応しないように調整する機能も持ちます。

自律神経調整作用
自律神経を調整し、バランスを整える。

内分泌調節作用
内分泌系のバランスを調整し、ホルモンのバランスを整える。

強肝・解毒作用
肝細胞の再生や修復を促し、肝臓機能の働きを活発にする。

乳汁分泌促進作用
妊婦の乳汁分泌を促進させる。

活性酸素除去作用
様々な病気の原因となる活性酸素を除去して体の酸化を防ぐ。

免疫活性化作用
免疫カを促進し、病気に対する抵抗力が高まる。

炎症作用
炎症を抑制し、壊れた組織を修復する。

創傷回復促進作用
傷や、損傷してしまった組織を修復する。

血圧調節作用
高血圧や低血圧を調節する。

精神安定作用
内分泌調整作用や自律神経調整作用で精神のバランス整えて安定させる。

体質改善作用
体質の改善を助ける。

食欲増進作用
消費エネルギーを増やし、食欲がない場合の食欲を促す。

血行促進作用
血流を良くして老廃物の排出や栄養分の運搬を促す。

呼吸促進作用
ガス交換を促し、正常に酸素を細胞に供給する。

造血作用
血液系を刺激し、血液の生成を刺激する。

抗突然変異作用
突然変異を抑える。

疲労回復作用
栄養の補給やホルモンバランスを調整して体の疲労回復を助ける。

細胞活性化作用
細胞の新陳代謝を促し、老化を防ぐ。

これらの薬理学的作用から、慢性疾患や難治性疾患を含むさまざまな病気の改善効果が報告されています。

ですが、現在の健康保険が適用されるプラセンタ療法は、更年期障害、乳汁分泌機能不全、慢性の肝臓病(肝炎、肝硬変)のみとなっており、これら以外の目的で使用する場合は保険適用にならず、実費での治療となります。

プラセンタとは