ほうれい線の対策をしてたるみ防止

ほうれい線のイメージほうれい線を防止する重要なこと、それは気なってきたら放置しないで直ぐに対策することです。
無表情の時にもほうれい線が目だってきてからでは遅いのです。
少し目立ち始めたと思ったら直ぐにほうれい線の予防に努めるべきです。

ほうれい線の原因のひとつに表情筋が衰えてきた事にあります。
表情筋は笑うときや、口を大きく開ける時に使われます。
毎日無表情で、あまり笑わないでいると、表情筋が衰えて皮膚を支えきれなくなって、顔全体がたるんでしまいます。

表情筋を鍛える

そのため、ほうれい線が深くなってしまうのです。
表情筋は毎日動かす事によって鍛えることができます。顔の筋肉を鍛えることが、ほうれい線に効果的に作用します。
さらに、運動だけでなく、顔のマッサージも効果的で、美しい肌を作るために毎日続けることが重要です。

普段のお手入れの時に顔にクリームや美容液を塗るついでにマッサージをするとか、または表情筋を鍛える運動を習慣化するのは良いと思います。

紫外線の影響

他にも、ほうれい線やしわには、紫外線の悪影響もあります。
外出するときなどは紫外線対策を行う事は、ほうれい線の予防ばかりでなく、シミの対策にもなるので大切なことです。

乾燥対策

さらに、皮膚が乾燥しないようにすることも重要です。
化粧水をたっぷり塗って保湿することはもちろん、水分を多めに摂って体の水分補給も行いましょう。

食事の見直し

また、肌の代謝をよくするためにも、栄養バランスの良い食事をすることが重要です。
毎日の食事でどうしても補うことができない場合はサプリメントで摂取するのも良いと思います。

不規則な生活や睡眠不足は、お肌の老化を加速させる原因となります。
睡眠を十分に摂り、健康的な肌を保って、ほうれい線を予防しましよう。

豆知識・その他