乳幼児期のお肌のお手入れ

ここでは、乳幼児のためのお肌のお手入れ方法ついて解説します。

乳幼児のイメージ乳幼児のお肌は大人の女性がうらやむほどにつるつるでキレイな肌をしています。
毛穴が、一体どこにあるのかわからない程、キメが細かく、ハリもあってプリプリしたお肌です。

しかし、一方では乳幼児は皮膚炎など、かぶれやすく、悩みを抱えているお母さん方が多いようです。
子乳幼児のお肌の手入れには、可能な限り自然のもので、刺激の少ないものを使いましょう。

ですが、乳幼児用の化粧品であっても化学成分が配合されているものがあり、それが低刺激と謳われていても、避けたほうが無難です。

特に肌があれている状態の場合、肌が敏感になっており、よりいっそう注意する必要があります。
また、日常的に使用している石鹸の成分についても確認しておきましょう。

食生活においても、油分があまりにも多いものは、肌あれになる可能性があります。
石鹸などで洗いすぎたり、またはクリームなどによるケアも度が過ぎるとよくありません。
ある意味手を抜くことが、乳幼児のお肌のお手入れのポイントです。

そして、少しでも気になる症状がでたら、すぐに皮膚科などを訪ねましょう。

世代によるお肌のお手入れ