プラセンタのこれまで

プラセンタの利用は、決して新しいものではなく、医療として古くから使用されていました。
紀元前にギリシャのヒポクラテスがプラセンタを治療薬として使用したとされています。

中国では、4000年前、産後の回復や滋養強壮に効果があるとして、プラセンタを乾燥させた「紫河車」と呼ばれる薬がありました。

古代エジプトのイメージまた、エジプトのクレオパトラや中国の楊貴妃、フランスのマリーアントワネットなど世界的な美女と言われる人たちも若返りの薬に使用したといわれており、プラセンタが美容に効果がある事が経験上わかっていたようです。

1930年代のソビエト連邦で、傷病兵の治療目的としてプラセンタの組織片を皮下組織に埋め込む研究がおこなわれていたとされますが、原料のプラセンタの都合で中断されましたが、この研究によってプラセンタの効果を認識した研究者などにより、プラセンタの研究開発は継続されました。

また、組織療法が発明されたことで、現在のようなプラセンタが広く普及しました。
組織療法とは患部の皮膚の下に他の組織を埋め込む治療法です。

1930年代、フィラフト博士は組織療法において初めてプラセンタを使用しました。
この時、プラセンタは機能を活性化するだけでなく、病気の治癒力を促進する作用があることを発見しました。

日本では戦後に組織療法が導入されました。
1950年に、組織療法を研究していた医師のチームによって「組織療法研究所」が設立されました。
「組織療法研究所」はプラセンタエキスを用いた更年期障害や乳汁分泌不全の注射薬の研究開発を行い、「メルモスン」という医薬品として認可を受けて、1956年に「メルモスン製薬株式会社」と注射剤の製造と販売を開始しました。

また、「組織療法研究所」いがいでは、稗田憲太郎博士がプラセンタエキスを使用した組織療法を日本に広めたのです。
稗田博士によって開発した「冷蔵胎盤漿液療法」に基づき、1959年に肝硬変の治療のための注射剤「ラエンネック」が登場しました。現在でも、肝機能改善剤として広く普及しています。

現在では胎盤からプラセンタエキスを取り出す技術がさらに進んだ為、人間以外の動物の胎盤からプラセンタエキスを抽出できるようになり、サプリメントや化粧品など、医療用以外の分野でも多くつかわれるようになりました。

なお、「メルスモン」「ラエンネック」などの名称で知られているこの製剤は、肝疾患または更年期障害に効果があるとされているほか、最近では、シミ·シワ対策などの美容整形でも使用されている。

厚生労働省は、人の胎盤を注射した人に対して変異型クロイツフェルト·ヤコブ病感染者の製剤を輸血感染が広がる危険性が否定できないため、2006年に、この製剤の使用者は、献血を禁止することを決められた。

プラセンタとは