二重あごの原因と治す方法

あごのイメージ鏡をふと見ると、顔の輪郭がぼんやりとぼやけていませんか?
よーく見ると、あごのラインが二重になってて、ショックを受けた経験がありませんか?

体重が増えた訳ではないのに...。その理由は、他のでもなく「たるみ」です!

二重あごになる原因としては次のとおり

実際に太った
太って頬およびあごの部分に脂肪がつき、どうしても二重あごになってしまうという人がいます。
若い人の場合には、肌に弾力性もあって、仮に太ったとしてもポッチャリと見るくらいなので問題ないでしょう。
問題はあごを引いた状態から戻ったときに、しわがもし戻らない場合は、加齢と共に肌のがたるんだ時にそのまま脂肪がつき、顔のラインが崩れてしまうのです。

肌のたるみ
体重は変わらないので、二重あごになっている場合には、肌自体がたるんでいる証拠だと思います。この場合は危険です。
たるみはあごの部分だけでなく、体全体がたるんできている可能性があります。
女性の脂肪は流動脂肪であり、流動的で崩れやすいでのです。
胸の肉は二の腕や背中に流れたり、お尻の肉は太ももに流れ、残念なボディラインになっています。
もう歳だし、と諦めないでないでください。ケアを継続的に行って努力するとで元に戻すことができます。

二重あごで顔のたるみを知ることができる?

例えば、目じりが下がってきた。頬の毛穴が目立ってきたような気がする。
ファンデーションがほうれい線にたまる。目の下のたるみを感じる。口のあたりが下がってきているなど、さまざまなところでたるみが感じられるものです。
ですから、二重あごも、その延長線上にあると言えるかもせれません。

また、身体がたるんできたら矯正下着などで補正するなどの予防や改善を行うことができますが、顔はそうはいきません。

では、何もできないのでしょうか?
例えば、洋服も丁寧に洗濯して大事に扱えば、繊維のくたびれも先延ばしにする事ができて、結果ながく綺麗なまま着ることが出来ます。
肌も同様だと思います。

はなぜ肌はたるんでくるのでしょうか?

まず、肌内部のコラーゲンが破壊されていると言うことです。
紫外線、ストレス、高齢化などにより、コラーゲンが徐々に失われつつあります。コラーゲンが皮膚のハリや弾力性を保っているのです。
そのコラーゲンの損失によって弾力性を失ったために押された力を元に戻すことはできなくなります。
コラーゲンは、真皮の大半を占めるているために破壊されてしまうとターンオーバーで生まれた新しい肌も貧弱になってしまい、それ以上にハリや弾力性が失われる結果になるのです。

次にあげられる問題は筋肉の衰えです。筋肉は肌にも必要なものですから、表情筋を鍛えなければ、衰えて重力で下がってきます。
普段から表情筋を鍛えてハリのある肌を目指しましよう。

さらに、表情筋を鍛える以外にも、内部からコラーゲンやヒアルロン酸を補充する必要があります。
プラセンタの成長因子の力で肌の深いところにある真皮でコラーゲンやヒアルロン酸をつくってあげる必要があります。

その為には品質のよいプラセンタサプリメント選びが重要なのです。

>>二重あごに効果的なサプリメントはこちら<<

顔のパーツごとのたるみ