プラセンタに含まれる成分

胎盤には、代謝や皮膚の改善に必要な成分が豊富に含まれています。
なかでも、非常に多く含まれるアミノ酸は皮膚細胞の新陳代謝を高め、人間の体を正常な状態に維持する働きがあります。

胎盤から抽出されたプラセンタにも、それらの成分が含まれています。

アミノ酸
アミノ酸は生体組織になる元です。
不足すると、体のどこかに変調を来してしまうこともあり、イソロイシン、ロイシン、リジンなどの9種類は必須アミノ酸と呼ばれ、アルギニン、アラニンなど数十種類のアミノ酸が含まれています。

活性ペプチド
アミノ酸が結合したもので、生体のバランスを維持するために体のいろいろなところで作用して血圧や免疫力の調整や抗酸化能力の向上、ミネラル吸収、脱毛防止などの機能があります。

タンパク質
アミノ酸が結合したものからなります。
タンパク質には、収縮タンパク質、結合タンパク質、運搬タンパク質、防御タンパク質、成長を維持するタンパク質、味と香り、光を感じるタンパク質、酵素の元になるタンパク質があります。

脂質および脂肪酸
細胞膜と角膜、ホルモンなどの構成要素です。
脂質は、体温を維持したり、肌を保護する役割があり、血圧や体温、筋肉の機能を調節して、重要な役割を果たしています。

糖質
糖質は体内でブドウ糖に分解された後に、体を動かすエネルギーとして利用されます。

ムコ多糖体
タンパク質を含んでいる多糖類の糖質です。
ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸があります。加齢による老化を防止や動脈硬化・肥満の予防、代謝の正常化や解毒などの効果があります。

ビタミン
生理機能を調節します。人間の生命活動に必要な物質です。

ミネラル
身体機能の維持調整をする為に欠かせない栄養素です。
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、鉄、亜鉛など。

核酸
細胞の分裂と正常な機能を維持するために不可欠な要素です。
DNAおよびRNAがあります。生命の誕生から老化まで、あらゆる細胞に存在する大切な物質です。

酵素
栄養素や不要物が適切に吸収・排出させる作用があります
酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アルカリホスファターゼなどをはじめ、55種類の存在が確認されています。

このように多くの栄養素が含まれていますが、プラセンタの成分として最も注目される成分は、グロスファクターと呼ばれる成長因子です。

プラセンタとは