子供・幼児のお肌のお手入れ

子供たちは朝から晩まで学校や外で遊んで帰ってきて肌の手入れなどはしません。
多少顔が汚れていても、全然気にせず遊びまわっています。

子供のイメージそして、お風呂の時や朝の洗顔も石けんで洗って終了です。
お肌にトラブルがあった場合はひどくなりがちです。

そんな時、母親や周囲の人が何らかの形で手をかしてあげなければなりません。
思春期前の子供の肌はキメが細かく、ハリもあってとてもきれいです。

しかし、夏も冬もケアしないまま遊ぶ子どもの肌は、なにかしらトラブルをかかえている子供も増えています。

また、日焼けを繰り返していると、徐々に毛穴が開いて毛穴が目立ってくる子供もいます。
少なくとも夏の外出時には最低限、日焼け止めくらいは塗ってあげてください。

とくにに女の子には日焼けすると、大人になってから肌のトラブルが出てくることを話し、外出時には日焼け止めを欠かさないようにしてあげましょう。

また、洗顔時に使用する石けんや洗顔フォームなども自分で選べませんから、親が意識してお肌にやさしいものを選んで使わせましょう。

肌があれてきた子供には、オーガニックなどの低刺激な化粧水などで潤いを与え、クリームを塗って、ケアしてあげます。

女の子は小学校高学年から中学生くらいになったら、オーガニックなどの低刺激な基礎化粧品などを選んであげて、自分でケアできるように教えてあげましょう。

世代によるお肌のお手入れ