頬のたるみをとる方法

頬のたるみが気になる女性のイメージ顔の小鼻の両側から唇の両側に広がる線のことを「ほうれい腺」と呼びます。
簡単に言うと鼻の間の顔の真ん中をカタカナの「八」の字の形をしているしわです。

ほうれい線が目立つかどうか、しわの深さによって状態を測定することができます。
ほうれい線が顕著で、しっかりと線が深く入っている人は、ほうれい線が目立たない人より見た目が5歳以上老けて見られると言われています。

ほうれい線がはっきりと現れる場合、さまざまな原因があります。

1番目の原因は「肌たるみ」が関係しています。

肌がたるむということは、表情筋の衰えによるものと首の筋肉の衰えに起因しています。
表情筋は、顔の筋肉、頬の部分で口周囲の筋肉、目の周りの筋肉、口の周りの筋肉のような形で分割できて、全部で30種類以上あります。
具体的に役割分担された筋肉は私たちの目や口を動かすことによって動かされ、それによってさまざまな表情を創り出すことができるのです。
若い頃の筋肉が強いので、重力に勝つ力があり、皮下脂肪質を高い位置でキープできますが、加齢とともに頬の筋肉が弛緩し、皮下脂肪が重なる事によって深いしわができるのです。

したがって、頬部皮下脂肪を高い位置から続行できません頬のたるみ、頬の境界にあるほうれい線の上部の頬がたるみ、皮下脂肪が重なって溝が深くなるためです。

2番目の原因としては、「紫外線」や「乾燥」に起因することがあります。

ほうれい線はしわです。しわが深くなる外的な要因が紫外線と乾燥です。
紫外線は皮膚の奥にまで入っていて肌組織を損傷させます。

紫外線は、しわ意外にも、しみの原因にもなり、肌が乾燥した状態では、肌が紫外線などの刺激物質にさらされる可能性があります。
保湿をしっかりとおこなっている肌は薄く、目立ちにくいしわで止まりますが、乾燥肌の場合は回復は難しいですし、ほうれい線がさらに深く刻まれる原因になるのです。

そのほかにも、睡眠不足や不規則な生活を送っており、食生活の乱れ、喫煙、ストレス、ビタミンCとコラーゲンが不足したりすると、しわが出来やすくなり、ほうれい線を深くすることにつながります。

ほうれい線の原因と予防方法を知ることで、ほうれい線のでる時期を遅らせるか、または状態を薄くすることができるかもしれません。
ほうれい線に効果のあるマッサージをするなど、状況に適したケアを見つけることが重要です。

また、ほうれい線は中高年以降に出ると考えていますが、実際には違うのです。
中年以上の突然出るのではなく、若い人にも、生まれた赤ちゃんもほうれい線は既に存在しているのです。

若い時は、しわが薄く、浅いため、あまり目立ちません。中年以上になると、徐々に深くなってハッキリと視覚で確認できるようになってしまうのです。

同じ年の人で肌が健康で明るい人と、しみやしわがあり、肌がたるんでいる人を比較すると、肌が健康の人が若く見えるものです。
つまり、若く美しく見せるポイントは、肌の状態によって決まるといっても過言ではないと思います。

特にほうれい線が目立つか目立たないかによって老けて見える度合いが大きく異なってきます。
老けて見える度合いを測るのに、ほうれい線は重要なポイントなのです。

加齢や外的要因によって衰えた頬を引き上げるには、年齢とともに少なくなったコラーゲンやヒアルロン酸を補う必要があります。

ですが、コラーゲンやヒアルロン酸は分子が大きいので外部から補っても真皮層まで届きません。

真皮層にコラーゲンやヒアルロン酸を補充するには、身体の内部から効くプラセンタの成長因子の力によって真皮層にてコラーゲンやヒアルロン酸がつくって上げる必要があります。

それにはやはり、品質のよいプラセンタサプリメント選びが重要なのです。

>>頬のたるみに効果的なサプリメントはこちら<<

顔のパーツごとのたるみ