顔のたるみの原因

顔の肌は特にたるんでほしくないのにでどうしてたるむのでしょう。
あなたは、なにか対策を行っていますか?

年齢を重ねる徐々に通常の何もない行動が、原因になっていると知っていますか?
恐ろしいですね。若く、重力は変わらないはずなのに・・・

コラーゲンは、肌の弾力性を維持しています。重力に負けないくらいコラーゲンが懸命に肌をサポートしてくれれば、肌のたるみとは無縁なんですが、年齢を重ねていくと、紫外線を浴び、またはストレスを抱えると、コラーゲンは破壊され、さらに作られにくくなり、コラーゲンが減少していくのです。

また、表情筋も大切な働きをしています。表情筋は、顔の筋肉で、笑ったり泣いたり、様々な表現を作るための筋肉です。コラーゲンと同様の表情筋も年齢と共に衰え始めるのです。
若い方でも適度に運動をしないと、筋肉は衰えますよね?表情筋も鍛錬しないと衰えるのです。

さらに、パソコンをするときやとテレビ見るときなど、を頬杖をついていませんか?
頬杖をつくということは、肌に負担をかけることになるのです。それは老化を早める行為なのです。さらに口角が下がると、ますますたるみも進行します。

口角を上げて笑うように意識して少しでもたるみ防止につなげましょう。

顔のたるみの仕組み

顔のたるみの仕組みは、顔には様々な筋肉があり、それが顔の表情を作ります。
一般的に、「表情筋」というのですが、顔には表情筋が40種類以上存在して顔全体の筋肉を構成しているのです。

先にも説明したように、年齢とともに真皮層のコラーゲン、エラスチンなどの成分が少しずつ減少しててくるとハリが失われます。この「ハリ」が失われると、顔の筋肉を支える力が弱まり、表情筋が垂れ下がってくるのです。また、加齢が進むと、顔の筋肉自体が徐々にたるんでしまうのです。

顔のたるみが「折じわ」になってしまうと「しわ」になってしまいます。
また、コラーゲンとエラスチンは、高齢化によって自然に減少するものですが、これは若い方も安心できません。この成分は紫外線によって破壊されることがあります。若い時から外に出る機会が多い方には特に注意したほうがいいでしょう。

また、皮下脂肪の重さで筋肉や肌が耐えることができない為にたるみは発生します。したがって、太ることは顔のたるみが発生する原因の1つなのです。
その一方で、肉付きがよいい人が急に痩せると皮が余ってたるむ人もいます。
ですから、急激なダイエットで体重を減らすことはお勧めしません。

顔のたるみと原因